投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。
投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。 ブームに乗って投資信託での資産運用をする方が増えています。 投資信託にも良し悪しがあるのでツボを押さえた運用のお役立ちになればとw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム投資信託
WTOへの加盟も手伝って、最近ではベトナム投資信託が注目を集めるようになってきています。
元々、人口の多さと、人件費の安さから、外国の企業が進出する素地はありましたが、政治が安定せずに発展が遅れていました。
今は政治も安定してきており、外資も入ってきています。
また、国内の政権が経済に力をいれるべくインフラ整備を進めていることが、個人投資家を中心に人気が高まっている原因のようです。

ベトナム投資信託は、複数のベトナム株分散投資をするということになります。
ベトナムには2つの市場と3種の投資タイミングがあります。

市場はハノイ証券取引所ホーチミン証券取引所です。
規模はホーチミン証券取引所のほうが大きいですが、それでも東京証券取引所の1000分の1ほどです。
ホーチミン証券取引所の取引方法は1日3回の値決め式で、一日の出来高は市場全体で6?9億円前後です。
ハノイ証券取引所の取引方式はザラ方式で、取引量はとても少ないです。

投資のタイミングは下記の3つです。
1.上場株を買う
2.OTC銘柄を買う。
3.IPOに参加する。

ベトナム投資信託は日本で買うことは出来ません。
ベトナムの法律によって、外国の証券会社が外国でベトナム株を販売することが禁止されているためです。
ベトナム株を買うには、ベトナムの証券会社に口座を開設する必要があります。

<ベトナム証券会社の例>
SSI証券、BSC証券、Bao Viet証券、Hai Phong証券、 Sacom bank証券、HSC証券、The First証券、Kim Long証券、HoChiMinh証券、Vietcombank証券、ACB証券、Dai Viet証券



投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。
スポンサーサイト
投資信託の特徴
投資信託とは、ファンドを購入する金融商品のことです。
多数の投資家資産運用会社に資金を預けて、資産運用会社がその資金を株式や債券に投資します。
そこから得られた利益を投資家に分配するという仕組みになっています。

昨今では、低金利が続く中で、銀行への預貯金だけでは資産形成がうまく進まなくなってきています。
そこで、投資信託資産運用方法として注目を集めるようになっているのです。
ここでは最近人気の投資信託の特徴について説明したいと思います。

投資信託の特徴>

1.少ない額からスタートすることができる
  株式などに直接投資するにはある程度大きな資金が必要です。
  その点、投資信託は、比較的少ない額からの投資が可能となっています。

2.分散投資をすることで、リスクも分散することができる
  投資信託は、株式や債券など複数の資産に分散投資できます。
  ひとつの銘柄に投資するよりもリスクが分散できるというわけです。

3.運用は投資のプロフェッショナルに任せる
  経験豊富なファンドマネジャーが運用を担当します。
  間接的にプロのノウハウや知識を活用できます。

4.幅広い商品の選択肢がある  投資信託には、投資の対象や運例の方針が異なる多くの商品があります。
  自分の目的やリスクの許容度に合わせて選ぶことができます。

5.収益性が高い  リスクはありますが、リターンも同時に期待できます。

投資信託は、上手に活用すれば将来の資産形成に非常に役立つと言われています。
投資信託の基礎知識や特色、またリスクについても十分考えた上で、チャレンジしてみてはどうでしょう?


投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。
野村證券の投資信託
野村證券は、厳選された投資信託だけを集めて「ノムラ・ファンド・ユニバース」という投資信託を作りました。
野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジーの経験豊富なファンドアナリストが、約200項目にわたる詳細な調査を行い、投資信託の評価、品質管理を常に行っているというものです。

新たに募集が行われノムラ・ファンド・ユニバースに採用されるファンドは、野村證券が運用力について厳しく精査した品質が高いと考えられるファンドです。また継続して募集が行われているファンドについても、ファンドの運用や情報開示を継続的にモニタリングしています。

ファンドを通して投資された資金の収益率は、運用資産の種類によって、また市場環境等によって大きく変動します。
ファンドでは、この収益率の変動性をリスクと呼びます。「ノムラ・ファンド・ユニバース」では、このリスクの大きさと投資手法により、「元本重視型」「利回追求型」「積極運用型」「絶対収益追求型」の4タイプに分類しています。

元本重視型」は元本の安定性に最大限配慮した上で、安定した収益の確保を目標として運用を行うファンドです。
そして「利回り追及型」は利回りの向上を目標として運用するファンドです。
ですから「元本重視型」よりも、収益率の変動性、つまり、ファンドの値動きは少し大きくなります。

積極運用型」になると、値上り益の追求及び分配金の支払いを目標として、積極的な運用を行ないます。
投資対象としている市場全体と同程度、またはそれを上回る収益の獲得を目指します。市場が大きく上下動する局面においては、収益率の変動性が大きく、利回り追求型よりも利益や損失が大きくなる可能性が高いファンドになります。

絶対収益追求型」は市場の動向に関わらず収益を追求することを目標として、積極的に運用を行うファンドです。
高度な運用技術を駆使し、市場の動きに連動させることなく、収益の獲得を目指します。
ただし、投資成果の大部分を運用者の運用力に依存するため、投資判断の成否次第では、収益率は大きく変動し、結果として利回追求型よりも利益や損失が大きくなる可能性が高いファンドです。
インド株投資信託
投資信託のなかでも、海外投資信託を購入する人も多いですよね。
中国、ブラジル、ロシア、ベトナム、南アフリカ、インド。
そのなかでもインド株については投資家の方たちならば必ず耳にしたことがあると思います。
中国株につづいて、インド株が注目され始めてからしばらく経ちますが、まだまだインドの潜在能力は計り知れません。

インド株が人気を集めている理由としては、以下のことが考えられます。

1.人口が多い(10億人。)
2.若年労働力が多い。(今後も人口増加が期待できる。)
3.ITが発達している。(アメリカからのアウトソーシングによってITはかなり発達している。)
4.G7へオブザーバーとして参加している。(世界経済の中心へ近づいている。)
5.中東に近く、原油の調達が簡単にできる。
6.インフラの未発達。(IT産業で得た収入で経済が発達する可能性あり。)

インド株投資信託
★ファンド名                          ★投信会社
PCAインド株式オープン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・PCA
HSBCインドオープン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・HSBC
ドイチェインド株式ファンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ドイチェ
UFJパートナーズ・ドイチェインド株式ファンド・・・・・・・・UFJパートナーズ
JFインド株ファンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・JPモルガン・フレミング
インド・アドバンテージ・ファンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フィデリティ
インド・フォーカス・ファンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フィデリティ
野村インド株投資・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・野村アセット
メリルリンチ・インド株ファンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・メリルリンチ
CAりそなインドファンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・りそな

利便性が高く、常に購入可能な代表的なインド株ファンドは、PCAインド株式オープン、HSBCインドオープン、ドイチェ・インド株ファンド等です。
リスクを減らすために時期を分散して購入するのが良いでしょう。



投資信託:グローバルソブリンについて
投資信託商品は数多くありますが、ここ最近で最も人気が高く、純資産残高もトップを記録し続けているのが、「グローバルソブリンオープン」(通称・グロソブ)です。
グローバルソブリンオープンは、平成9年にスタートした分配型投資信託です。
毎月分配型ファンド人気の先駆けとなった商品といっても過言ではないでしょう。

マザーファンド受益証券を通じて、世界主要先進国ソブリン債券分散投資を行い、そこから得た収益を投資家に分配している商品ですが、格付けA格以上の国に投資を行うなどして、安定と安全性という目的のもとで運営されるので、とても人気があるのです。
また、人気のもうひとつの理由として挙げられるのが、分配金です
2001年1月以降、4年半以上も 40円配当を続けています。

ブローバルソブリンは、比較的、高年齢層に人気の商品ですが、知名度が上がるにつれて、20代、30代といった若い世代の注目も集めています。

しかし、グローバルソブリンには問題点もあります。

運用手数料が高い
運用手数料の割には、運用が上手ではない。(利回りがマイナスになっている。それでも基準価額が下がらないのは「このファンドが人気」であるため。)
基準価額をキープしていたもの及び高配当の両方を可能にしていた要因(ex.円安傾向など)がとまると、基準価額の下落を招く。

これらのことを考慮し、リスクの許容度も頭にいれながら、自分に合っていると考えられる投資信託を購入しましょう。


copyright © 2005 投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。