投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。
投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。 ブームに乗って投資信託での資産運用をする方が増えています。 投資信託にも良し悪しがあるのでツボを押さえた運用のお役立ちになればとw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム投資信託の市場
現在ベトナムでは投資信託の資金を運用する投資ファンドが活発に動いています。
2005年下半期より、べトナム国内の金融機関が外資と組んで投資ファンドを設立しました。
ベトナム国内最大手の保険会社バオベトは2005年11月に投資ファンド「バオベト・ファンド・マネジメント」を設立しました。
そして国営銀行のベトコムバンクはシンガポール企業との合弁で2005年12月に同じく投資ファンド「ベト・キャピタル・マネジメント」を設立しています。
各ファンドは、古株、国内系、外資系、保険会社系と4つに分類されます。

商品の銘柄のひとつに、ベトナム証券投資ファンドVF1が2004年11月よりホーチミン証券取引所に上場され、これが、一般の銘柄に混じって取引されています。発行額はかなり少ない金額です。
このファンドは3分の1を上場および非上場株式、3分の1を9.2%の利回りになる10~15年物の国債へ、残りは短期債券や現金を含む流動性の高い資産で運用します。

現在のベトナムの投資信託には、国内投資ファンドのように、国内社会の中から資本を発動するには実績が少なく、扱う金融機関もないようです。
一方、海外の投資家から見ると、ベトナムは投資信託の対象として注目度は高いようです。
各ファンド管理会社は、ベトナムがいずれ東南アジア屈指の経済地域になると考えています。

しかし現在のところ、ベトナムの証券市場は極端に小さく、証券取引市場全体に関する情報も不足しています。
そこで、投資会社は、上場企業以外にも投資をする目的や、ベトナムの発展に関し出資者達が抱いている疑念に答えるため、現地に事務所を設立して、市場を分析しながら投資しています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今、信託型ベトナム未公開株ファンドが気になっています。
色々と情報が欲しいのですが、
まずは、セミナーに参加してみようか検討中です。
投資自体が初めてなので、信用があるならやってみたいです。
http://www.vietnam-income.net/fund/
2007/08/17 (金) 13:31:04 | URL | ぷる #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。