FC2ブログ
投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。
投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。 ブームに乗って投資信託での資産運用をする方が増えています。 投資信託にも良し悪しがあるのでツボを押さえた運用のお役立ちになればとw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分配の流れ
投資信託を行うに当たり分配金の流れは把握しておく必要があるでしょう。

投資信託を運用した成果を定期的にまとめるのが決算です。決算の結果、その収益の一部を投資家に還元することを分配といいます。
分配によって支払われる分配金は、運用の実績により変化するもので、運用の結果によっては分配金が出ない場合もあります。
分配金は、株式や不動産投資信託配当金、債券の利息などの利子収入と、株式・債券・不動産投資信託などの売買益です。こうしたものから、どのくらい分配金として支払うかは、投資信託ごとに定められた分配方針によって決まります。
分配金は、投資信託の信託財産から支払われる為、分配金が支払われた時は信託財産はその分減少し、基準価額は下がります。

換金は投資家が必要な時にいつでも行えます。
換金する場合には買取請求解約請求があります。
換金方法によって、課税方法が変わってきます。

買取請求というのは、受益者が販売会社に、受益証券の買取りを請求することによって投資信託を換金する方法です。受益者と販売会社の売買取引であり、受益者による販売会社への売却といえます。
買取請求による換金で受益者に利益が出た場合、税法上は譲渡所得になります。

また解約請求は、受益者が販売会社を通じて投資信託委託会社に、信託財産の一部取り崩しを請求することによって投資信託を換金する方法です。
解約請求による換金で受益者に利益が出た場合、税法上は配当所得になります。

そして投資信託が信託を終了することを償還するといいます。信託期間のあるものは、その期限が償還日となります。
運用成果として償還日に計算される償還価額で、投資家保有口数に応じて支払いするのが償還金です。
償還価額が個別元本を超える場合にその超過額の10%が配当所得として課税されます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 投資信託で手堅く稼ぐための基礎知識。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。